福岡の葬儀(仏式2)

【仏式】

危篤

家族、近親者(二親等を目安)に連絡します

臨終

病院で亡くなった場合は、医師に死亡確認をしてもらいます。病院以外で亡くなった場合は、警察を呼び状況確認をしてもらいます。

遺体搬送

病院から自宅または葬儀社の霊安室に遺体を搬送します。一般的には葬儀社が行う事が多いようです。

安置

ご自宅に着かれたら、仏間に敷布団を敷きシーツをかけ(シーツはこちらでご準備致します)、ご遺体をご安置します。ご遺体は、故人の頭を北または西に向けご安置致します(お部屋のつくり、宗派により異なります)。枕もとには、枕飾り(机・三具足(燭台・香炉・花瓶)・鈴)を準備し、お参りの準備を致します。枕飾りはご自宅の経机でも結構ですし、葬儀会社でご準備もできます。宗派・地域により、お水・お茶・一膳飯・団子を準備します。仏壇の内敷きを裏返して白にし、神棚があれば、神棚を白い布などで覆うなど、神棚封じを行います(神棚封じは49日まで行います)。

菩提寺への連絡

菩提寺があれば連絡します

葬儀社との打合せ

希望する葬儀社があれば連絡し葬儀の打合せをしましょう。この時までに喪主を決めておくと良いでしょう。葬儀場所、日程、葬儀の規模、費用等を決めます

関係者へ連絡

親族、友人、知人、町会、勤務先等へ通夜・告別式の日程を連絡します

役所への届出

故人の死後7日以内に“死亡届け”を役場に提出します。近年では葬儀社が代行する場合もあります

納棺

納棺の際は、ご遺族・ご親族で故人の旅支度をします。宗派によりますが、故人を白装束にお着替えし、お柩にご納棺致します。最近では、故人のお好きだったお洋服や着物にお着せ替えされる方も増えました。この時に、故人にお持たせしたいものがあれば、一緒にご納棺致します。一緒に納棺できるものは、燃えるものでございます。当社では、専門のスタッフによる「湯灌」も承っております。湯灌の場合も、逆さ水の儀式や旅支度はご遺族・ご親族の手で行っていただいております。

通夜

通夜は告別式前日の夜に執り行われます。故人と過ごす最後の夜となります。また故人の死を受け入れる大切な時間でもあります。近年では生活様式の変化により通夜の会葬者が告別式の会葬者に比べ多くなる傾向があります。祭壇には、お供え物(果物・砂糖菓子)をお供えします。仏式の場合は、各宗派のご本尊様を祭壇にご安置いたします。地域により、通夜振舞いを準備致します。通夜振舞いの料理は、精進の寿司盛や鉢盛を準備します。通夜後、基本的にはローソクの火、線香を絶やさないと言われます。当社では、約12時間持つ、水ローソクと巻線香(ご遺族のご希望により)を準備しております。

【式の流れ】一同着席→導師入場→読経→喪主焼香→遺族・親族焼香→会葬者焼香→法話(宗派・お寺様によります)→導師退場→会葬者がお帰りの後、ご遺族・ご親族でのお食事(精進料理を召しあがります)

葬儀、告別式

“葬儀式”は宗教的な儀式であり、”告別式”は一人一人とのお別れの場として厳密に分かれていました。祭壇には、お供え物(果物・砂糖菓子)をお供えします。仏式の場合は、各宗派のご本尊様を祭壇にご安置いたします。火葬後、式場もしくはご自宅で精進落としを行います。魚肉や卵等を使った料理を準備します。初七日法要は、お寺様とご相談され葬儀当日に行われる方も増えてまいりました。

【式の流れ】お斎・お見立て(通常、開式2時間前)→遺族・親族式場入場→会葬者入場→導師入場→合掌礼拝→開式→読経→導師焼香→弔辞→読経→焼香(喪主・遺族・親族・一般会葬者)→弔電拝読→喪主挨拶→閉式→お柩の蓋を開け、生花を入れて最後のお別れ→出棺→火葬→初七日法要(お寺様との打ち合わせにより、当日に行われる場合もあります)→精進落とし

お別れ、出棺

お柩の蓋を開け、お柩の中に生花を入れ最後のお別れをします。お別れの後、お蓋をしご親族の皆さんで柩をかかえていただき、霊柩車におのせします。ご遺族は、位牌・写真・骨壺をもって霊柩車にのり、火葬場へ出発致します。

火葬

荼毘にふす:火葬場にて読経・焼香の後、荼毘にふします。(お寺様によっては火葬場に来られない場合もございます。)→控室で待つ:荼毘にふす間、控室にて待ちます(約1時間程度)→収骨:火葬場の係員の案内に従い収骨を行います。

法要

初七日法要は、お寺様とご相談され葬儀当日に行われる方も増えてまいりました。

最終更新日: 2014年3月25日