石川の葬儀(神式1)

【神式】

危篤

家族、近親者(二親等を目安)に連絡します

臨終

病院で亡くなった場合は、医師に死亡確認をしてもらいます。病院以外で亡くなった場合は、警察を呼び状況確認をしてもらいます。

遺体搬送

病院から自宅または葬儀社の霊安室に遺体を搬送します。一般的には葬儀社が行う事が多いようです。

安置(枕直しの儀)

布団に寝かせます。敷ふとんを一枚敷きシーツを掛け、掛け布団を掛けます。頭の向きはこだわりません。枕もとには枕飾りを置きます。枕元には案(八足台)に洗米、塩、水、御神酒を三方にのせ両脇に対の榊と燭台を立てた枕飾りをします。神棚には神封じをします。

産土(うぶすな)神社への連絡

産土(うぶすな)神社へ連絡します

葬儀社との打合せ

希望する葬儀社があれば連絡し葬儀の打合せをしましょう。この時までに喪主を決めておくと良いでしょう。葬儀場所、日程、葬儀の規模、費用等を決めます

関係者へ連絡

親族、友人、知人、町会、勤務先等へ通夜・告別式の日程を連絡をします

役所への届出

故人の死後7日以内に“死亡届け”を役場に提出します。近年では葬儀社が代行する場合もあります

納棺

浄衣を着用、または上からかけます。最近では故人愛用の服を着せることもあります。

通夜祭

通夜祭は葬場祭前日の夜に執り行われます。故人と過ごす最後の夜となります。神饌物は土、山、海の物を使用します。遷霊の儀の際に消灯します。式次第は祭員が行うことが多いです。遺族親族は通夜終了後着席で召し上がります。通夜後は故人を親族控室に移動し、一緒に過ごされます。

【式の流れ】一同着席→祭主入場→祭詞奏上→玉串奉奠→祭主退場→通夜振舞い

葬場祭の儀

“葬場祭”は仏式の”葬儀・告別式”にあたる儀式で、故人に最後の別れをする儀式です。神撰物は土、山、海の物を使用します。その際、使い回しはせず新しい物を準備します。精進落としをすることは一般的ではありません。

【式の流れ】開式→修祓の儀→献饌→祭詞奏上→弔辞・弔電→玉串奉天→撤饌→閉式

お別れ、出棺祭

霊柩車、出棺バスの順で出発します。

火葬

骨壺は四寸を使用することが多く、お骨は体の各部分を少しづつ骨甕に収めます。

最終更新日: 2014年3月25日