神奈川の葬儀(神式2)

【神式】

危篤

家族、近親者(二親等を目安)に連絡します

臨終

病院で亡くなった場合は、医師に死亡確認をしてもらいます。病院以外で亡くなった場合は、警察を呼び状況確認をしてもらいます。

遺体搬送

病院から自宅または葬儀社の霊安室に遺体を搬送します。一般的には葬儀社が行う事が多いようです。

安置(枕直しの儀)

布団に寝かせます。式布団を一枚とシーツを敷き故人を寝かせかけ布団をかけます。通常は故人の頭の向きは北に向くように安置します。北に向かないようであれば部屋の右側を頭部とし、安置します。守り刃は故人の頭の上に柄を自分から見て奥にし、刃は外側に向けます。祖霊舎・神棚には半紙を張り、神封じをします。

産土(うぶすな)神社への連絡

産土(うぶすな)神社へ連絡します

葬儀社との打合せ

希望する葬儀社があれば連絡し葬儀の打合せをしましょう。この時までに喪主を決めておくと良いでしょう。葬儀場所、日程、葬儀の規模、費用等を決めます

関係者へ連絡

親族、友人、知人、町会、勤務先等へ通夜・告別式の日程を連絡をします

役所への届出

故人の死後7日以内に“死亡届け”を役場に提出します。近年では葬儀社が代行する場合もあります

納棺

浄衣を着用、または上からかけます。

通夜祭

通夜祭は葬場祭前日の夜に執り行われます。故人と過ごす最後の夜となります。神饌物として海・山の産物、塩、水、洗米、酒を用意します。その他には払い串を用意しますが通夜時に通夜用、葬儀用、10日祭用と3本用意します。シデは葬儀社が用意し事前に玉串や払い串、榊に接着します。最近では銘旗を用意することはほとんどありません。遷霊の際に消灯します。式進行は斎主が行うことが多く、楽員は用意しないで、斎主一人でテープを使用し進行するケースが多くみられます。斎主が通夜振る舞いの席に同席することはほとんどありません。(紹介斎主の場合も同様)

【式の流れ】一同着席→斎主入場→みたまうつし(遷霊の儀)→祭詞奏上→玉串奉奠→斎主退場→通夜振る舞い

葬場祭の儀

“葬場祭”は仏式の”葬儀・告別式”にあたる儀式で、故人に最後の別れをする儀式です。神撰物は通夜と同じとなりますが、出来れば神饌を取り替えることが望ましいです。以前は火葬後、式場にもどり帰家祭・10日祭を行ったが、最近は葬場祭の中に組み込むケースが多いため、直礼の席を火葬中に設けるケースが増えています。

【式の流れ】一同着席→斎主入場→開式→修祓の儀→献饌→祭詞奏上→玉串奉奠→撤饌→斎主退場→弔辞・弔電→お別れ→親族代表挨拶→出棺

お別れ、出棺祭

乗棺後、霊柩車・共車(マイクロバス含む)の順番で出発します。

火葬

火葬炉前で玉串奉奠。壷は7寸使用し、遺族の前に持ち出した遺骨は全て納めます。

最終更新日: 2014年3月25日