熊本の葬儀(神式1)

【神式】

危篤

家族、近親者(二親等を目安)に連絡します

臨終

病院で亡くなった場合は、医師に死亡確認をしてもらいます。病院以外で亡くなった場合は、警察を呼び状況確認をしてもらいます。

遺体搬送

病院から自宅または葬儀社の霊安室に遺体を搬送します。一般的には葬儀社が行う事が多いようです。

安置(枕直しの儀)

上座に足を向けない様にご安置し、状態を保存するためにドライアイスを乗せます、その際に口が開かない様に抑えます。枕飾りはロウソクのみ、お供え物は神棚にお供えします。

産土(うぶすな)神社への連絡

産土(うぶすな)神社へ連絡します

葬儀社との打合せ

希望する葬儀社があれば連絡し葬儀の打合せをしましょう。この時までに喪主を決めておくと良いでしょう。葬儀場所、日程、葬儀の規模、費用等を決めます

関係者へ連絡

親族、友人、知人、町会、勤務先等へ通夜・告別式の日程を連絡をします

役所への届出

故人の死後7日以内に“死亡届け”を役場に提出します。近年では葬儀社が代行する場合もあります

納棺

男性、女性用の御神衣を着用もしくはお掛けします。

通夜祭

通夜祭は葬場祭前日の夜に執り行われます。故人と過ごす最後の夜となります。通夜開式2時間前に自宅へ霊柩車でお迎えし、斎場の説明をします。開式1時間前に式の流れの説明をして開式となります。祭壇には酒、水、米、塩、お頭付の鯛、海の幸、山の幸乾物、饅頭、野菜(根もの、葉物)を供えます。各協会によってお参りの作法が異なりますが、神社は玉串奉奠と2礼2拍1礼を偲び手でおこなう作法を八足台に貼ります。通夜振舞いは一般弔問者の方は会食せず帰ります、遺族親族、ご近所の方が残り会食します。近年精進料理から半精進に移行する傾向があります。通夜後はご遺体を控え室にお移しします。

【式の流れ】定刻祭主入場、開式→遷霊祭→玉串奉献→閉式。

葬場祭の儀

“葬場祭”は仏式の”葬儀・告別式”にあたる儀式で、故人に最後の別れをする儀式です。式2時間前からお斎の会食をします。1時間前に式壇前にて集合写真の撮影後、式の流れを説明してから開式となります。祭壇には酒、水、米、塩、お頭付の鯛、海の幸、山の幸乾物、饅頭、野菜(根もの、葉物)祭壇、鏡、社、玉串台、三宝台、玉串(ごへいを付けた物)を供えます。各協会によってお参りの作法が異なりますが、神社は玉串奉奠と2礼2拍1礼を偲び手でおこなう作法を八足台に貼ります。

【式の流れ】祭主、斎院入場→開式→修祓→大祓詞奏上→大麻行事→玉串奉奠→弔電代読→遺族挨拶→退場→閉式

お別れ、出棺祭

霊柩車・祭主の車・随行車・マイクロバスの順番で出発します。

火葬

約1時間30分程火葬に時間がかかります。収骨はのど仏をあらかじめ取り分け足の方から順番に納めていきます。最後にのど仏を喪主の方に納めて頂きます。

法要

各協会によってお参りの作法が異なるが、神社は玉串奉奠と2礼2拍1礼を50日祭まで偲び手でおこなう。

最終更新日: 2014年3月25日