宮城の葬儀(神式2)

【神式】

危篤

家族、近親者(二親等を目安)に連絡します

臨終

病院で亡くなった場合は、医師に死亡確認をしてもらいます。病院以外で亡くなった場合は、警察を呼び状況確認をしてもらいます。

遺体搬送

病院から自宅または葬儀社の霊安室に遺体を搬送します。一般的には葬儀社が行う事が多いようです。

安置(枕直しの儀)

布団に寝かせます。敷ふとんを一枚敷きシーツを掛け、掛け布団を掛けます。故人の頭を上座に向け安置します。枕もとには枕飾りを置きます。枕飾りは専用の机に、米、塩、水玉、榊縦・かがり火を置きます。刀は枕元に置き刃を外側に向けます。神棚、祖霊舎には神封じをします。

産土(うぶすな)神社への連絡

産土(うぶすな)神社へ連絡します

葬儀社との打合せ

希望する葬儀社があれば連絡し葬儀の打合せをしましょう。この時までに喪主を決めておくと良いでしょう。葬儀場所、日程、葬儀の規模、費用等を決めます

関係者へ連絡

親族、友人、知人、町会、勤務先等へ通夜・告別式の日程を連絡をします

役所への届出

故人の死後7日以内に“死亡届け”を役場に提出します。近年では葬儀社が代行する場合もあります

納棺

浄衣を着用、または上からかけます。副葬品は火葬場の指導によりほとんど納められません。

通夜祭

通夜祭は葬場祭前日の夜に執り行われます。故人と過ごす最後の夜となります。献饌は(洗米、酒、塩、水、餅、魚、乾物、野菜、果物、菓子、大榊、小榊、玉串、大麻)を供えます。遷霊の儀の際に消灯します。式次第は祭主が行うことが一般的です。通夜祭は通夜祭終了まで全員参列するのが作法です。

【式の流れ】開式→修祓の儀→斎主一拝→献饌→祭詞奏上→玉串奉天→撤饌→斎主一拝→閉式

葬場祭の儀

“葬場祭”は仏式の”葬儀・告別式”にあたる儀式で、故人に最後の別れをする儀式です。献饌は(洗米、酒、塩、水、餅、魚、乾物、野菜、果物、菓子、大榊、小榊、玉串、大麻)を供えます。神葬祭後、葬後の御霊祭りを行います。葬儀後会食会を開きます。会食へ呼ぶ方に案内状を配る、呼ばれた方は御霊前を用意する(相場は1名1万円程度) 喪主挨拶→献杯後会食。

【式の流れ】開式→修祓の儀→斎主一拝→献饌→祭詞奏上→弔辞・弔電→玉串奉天→撤饌→斎主一拝→閉式

お別れ、出棺祭

お別れの際に、榊やお別れ花 を副葬品として遺族の手で納めます。柩への釘打ちは無くなりつつあります。

火葬

骨壺は七寸を使用することが多く、お骨をすべて骨壺に納めます。

法要

葬場祭後そのまま百日祭を行うことがほとんどです。神膳を供える。

最終更新日: 2014年6月6日