四十九日 (しじゅうくにち)

亡くなってから七七(しちしち)日、つまり四十九日目を意味します。死から次に輪廻するまでの間で、仏教では死者が成仏するように初七日から七日ごとに供養します。

地域別の情報
最終更新日: 2014年8月11日