仏式のマナー

服装

男性

和装の場合、黒羽二重の染抜き五つ紋付に羽織袴

洋装の場合、黒の礼服に白ワイシャツに黒ネクタイ

女性

和装の場合、羽二重に染抜き五つ紋を付けた黒の無地

洋装の場合、黒のワンピース、スーツ、アンサンブル

学生、子供

学生服がある場合は制服を着用します。制服が無い

場合は、男子は白ワイシャツに黒かグレーのズボン

女子はモノトーンのワンピースやスカートに白いシャツが

良いでしょう

持ち物

香典、香典を包む袱紗、数珠、ハンカチなど持参します

焼香の作法

焼香は以下のように行うのが一般的です

①.案内係の誘導で起立

②.僧侶に向かい一礼

③.焼香台の前に立ち、遺影に向かい一礼する

④.抹香を三本指でつまみ頭を軽く下げ目の高さで押し戴く

⑤.香炉に静かに落とす

⑥.④~⑤を二、三回繰り返す

⑦.合掌する

⑧.一歩下がって遺影に一礼する

⑨.更に二、三歩下がり遺族、僧侶に一礼する

⑩.席に戻る

マナー

・ 香典は袱紗に包みましょう

香典をそのままハンドバッグや胸ポケットから出すのは失礼にあ

たります。袱紗や小風呂敷に包んで準備します

・ 香典の表書き

通夜、告別式から四十九日法要までは「御霊前」とし、四十九日法要後は「御

仏前」とします

地域別の情報
最終更新日: 2013年5月13日