神式のマナー

服装

男性

和装の場合、黒羽二重の染抜き五つ紋付に羽織袴

洋装の場合、黒の礼服に白ワイシャツに黒ネクタイ

女性

和装の場合、羽二重に染抜き五つ紋を付けた黒の無地

洋装の場合、黒のワンピース、スーツ、アンサンブル

学生、子供

学生服がある場合は制服を着用します。制服が無い

場合は、男子は白ワイシャツに黒かグレーのズボン

女子はモノトーンのワンピースやスカートに白いシャツが

良いでしょう

持ち物

香典、ハンカチなど持参します

玉串奉奠の作法

玉串奉奠は以下のように行うのが一般的です

①.案内係の誘導で起立

②.遺族、神職に向かい一礼

③.神職から玉串を受け取る

④.右手で榊の根元を上から持ち、左手を葉の下に添える

⑤.祭壇へ進み玉串を胸の高さに上げ一礼

⑥.玉串を時計回りに廻し根元を自身に向ける

⑦.根元を左手に持ち替え時計回りに廻す

⑧.根元が神前になるように供える

⑨.一、二歩下がり、二礼二拍手一礼

⑩.神職、遺族に一礼し席に戻る

マナー

・ 香典の表書き

「御玉串料」、「御榊料」または「御霊前」とするのが良いでしょ

地域別の情報
最終更新日: 2013年5月13日